【記録】中国心理専門家による新型コロナウイルス感染症対策での心のケア

  • 中国の状況,2/10現在確定診断された人40000人,疑いのある人20000人,死者900人を超えています。

  • 2020年1月23日に武漢市は閉鎖されました。

  • 1月26日から中国心理学会が「新型コロナウイルス・心のケア安心プロジェクト」を準備し始めました。中国心理学会の各委員会(危機介入委員会,カウンセリング委員会,心理相談機関委員会,資格認定委員会)が連帯してプロジェクトをはじめました。そして、1月28日から1年間の計画を社会に公表しました

中国科学院心理学研究所 劉先生 オンライン会議

4つの目標

  1. 感染者及びその関係者への心理援助

  2. ハイリスク集団への危機介入

  3. 広範囲の社会的影響に対する予防的な介入

  4. 一般の人を対象に心理健康教育

  5. (PS:精神疾患患者の医療機関への紹介)


3つの段階

  1. 急性期(初期支援)

  2. 感染症が収束した後の支援(中期的支援)

  3. 収束してから1年後(長期的支援)


11項目の援助介入方法

  1. 大講義:オンライン一般人向け,オンライン援助者対象に心理健康教育の講座,オンラインSV,Wechatを通した情報発信をしています。

  2. オンライン・セルフヘルプグループ(支援者向け):7日間PFA。2018年高橋哲先生の研修ビデオを使用予定。すでに12000人受講しています。オンライン親子参加7日間グループ学習を立ち上げています。

  3. セルフチェックのシステムをオンラインで開発:急性期セルフチェックとセルフケアのプログラムを華為技術(ファーウェイ)により実施しています。すでに2日間で10000人以上が参加しています。またファーウェイの携帯向けチェックリストを作成し、誰でもセルフチェックができるようにしています。

  4. オンライン・ホットライン・カウンセリング相談(短期間の介入):アリババ電子マネー会社の支援のもと,1000人のカウンセラーのプロフィールと得意分野を公開し,予約と相談をはじめています。1回30分-60分です。すでにこの1週間の中で8000名がこの相談を利用しています。その10%が武漢市からの相談です。

  5. 1000の相談機関:武漢市の現地のメンバーでソーシャルワーカーと協働して10カ所のコミュニティを巡回して支援しています。対象は食材店スタッフ,公務員,医療者などです。

  6. オンライン認知行動療法(CBT; Cognitive Behavior Therapy)システム:AIによるカウンセリングです。試験運用で数十人が利用しています。これはStanford Universityと中国科学院が共同で開発してきたものです。

  7. オンライン自殺予防:ウイボ公開テキストを分析して自殺リスクの解析を行っています。これは自殺予防のためてす。

  8. オンライン児童の心理教育;外に出れない子供が多いので、オンラインで子どもへの心理教育を行っています。また3月に学校が再開されますが、「災害後の学校再開最初の心理健康授業案」を準備しています。

  9. 人材登録センター:専門家80人とボランティアを含むカウンセラー3200人が登録しているネットワークを構築しました。

  10. 研修は30回,集団スーパービジョンを5回行っています。

  11. 心理援助情報パッケージ作成:相談機関,研修資料が収められており,支援者に配布しています。


 高橋から<四川大地震後には、日本が地震後の心のケアを助言しましたが、新型ウイルスでの心のケアは、中国から学ぶことがたくさんあります。ずいぶん、先を進んでおられることに敬意を表します>と、冨永からは感染症専門医との連携についての質問に対して「もともと家庭医ホットラインがあり,それに心理援助のホットラインを併設してもらいました。ですから感染症に関する質問は家庭医のホットラインで相談してもらっています。家庭医ホットラインへの相談でも心のケアホットラインがふさわしいのであればこちらを紹介してもらい、心のケアホットラインへの相談でも感染症対策についての質問は家庭医ホットラインを紹介しお互い連携しています」と刘先生は話されました。


中国科学院心理学研究所 劉先生

(記録;黄正国、編集;冨永良喜)


211回の閲覧

ABOUT US >

本会は、アジア各国からの実践活動報告,被災者の発表,基礎研究発表、さらに各国・地域独自のトラウマ治療理論や危機介入技術の紹介などを通して、アジアにマッチした「災害後のこころのケア」を創造していく学術団体です。

The Society provides “care after the disaster” that matches Asia, through reports on practical activities from Asian countries, presentations of victims, presentations of basic research, and introduction of country-specific trauma treatment theory and crisis intervention techniques. It is an academic organization that creates.

最新情報をメールでお知らせします。

メールアドレスの登録はこちらへ

Subscribe to Our Newsletter

CONTACT >

各種お申し込みはこちらから

2018asdt@gmail.com

© 2019 by Make A Change.
Proudly created with ASDT